お葬式でやってはいけないNGマナーとは

お葬式にはマナーやしきたりが多くありますが、頻繁に参列するわけでもないですから、それらをすべて覚えるのはなかなか難しいものです。しかし、お葬式でのNG行為を知っておくだけでもかなり違います。やってはいけないNGマナーとして頭に入れておきましょう。

訃報が入った際には、弔問時間に留意します。たとえ親しい間柄だったとしても、深夜に弔問するのは失礼にあたるため避けましょう。電話でお悔やみを述べるのもNGです。参列時に直接伝えるか、参列できないようなら弔電を打つようにします。実際に弔問しても、できるだけ短い時間で引き上げるよう心がけましょう。お葬式を控えた喪家は何かと忙しいうえに遺族の心労もあるため、そこへ長居をするのはマナー違反です。遺族へ亡くなった経緯を聞くなど、悲しみを増長させるような言動は絶対にとってはいけません。また、故人との対面を自分から申し出るのは配慮に欠けるため、遺族から勧められない限りは避けるべきです。

通夜や告別式に遅刻するのもマナー違反です。時間はあらかじめ案内されているのですから、定刻前には到着しておくようにして、読経の最中に着席という事態にならないようにします。どうしてもやむを得ない事情で遅れた場合は、お詫びをしたうえで焼香して香典を渡すようにします。香典に関しても、新札を包むと死を予期していたと解釈されるケースがあり、避けたほうが良いとされます。もし新札しかなければ折り目をつけておけば大丈夫です。とはいえ、あまり汚い紙幣でも失礼になるため、額だけではなく紙幣の状態にも留意しておきます。

子供がいる人は、小さい子供なら連れて行かないことです。分別があって静かにできる年齢であれば問題ないですが、ぐずる可能性のある子供であれば、よほど近しい親戚でもない限り同席させないのがマナーです。

ほかにもさまざまなNG行為はありますが、故人の冥福を祈る気持ちがあり、遺族の心境を慮れば普通にわかることです。いざというときでも失礼にならないよう、一般常識として知っておきましょう。