お葬式で渡す香典のマナー

お葬式への参列時に渡す香典とは霊前に供える金品のことで、意味合いとしては故人の遺族を経済的に援助する意図があります。通夜への参列時に渡すのが一般的ですが、急な不幸などで準備ができないようなら、告別式で渡しても失礼にはあたりません。

香典額は故人との関係によって決まります。一般的な相場として、親は5万円から10万円、親戚だと1万円から5万円以上、仕事上の付き合いや友人であれば5千円から1万円、知人程度なら3千円から1万円とされ、これを基準にして年齢や立場によって微妙に変わってきます。過去に香典を受け取っている場合はその金額も参考にすればいいでしょう。しかし、額が多ければいいというものではない点に注意が必要です。いずれまた遺族とは香典のやり取りがあるため、むやみに高額だと相手に負担をかけることになりかねません。地域によっては昔からの風習で決まっている場合もあるため、迷った場合は周りに相談してみるのも方法の一つです。

お葬式の香典袋の書き方にも決まりがあり、毛筆か筆ペンを使用して薄墨で書くことが基本です。慶弔用のスタンプも市販されてはいますが、遺族へも配慮してできれば手書きで書く方が無難です。宗教によっても使い分けが必要で、仏教、キリスト教、神教それぞれで書き方が異なります。宗教を問わず使える表書きが「御霊前」で、袋は白無地で黒白または双銀の結び切りの水引というのは覚えておきましょう。しかし、そこまで万能とも言えず、仏教の浄土真宗もしくはキリスト教のプロテスタントの場合は不適切となります。可能な限りは、お葬式に参列する前に確認して相応しいものにしましょう。

遺族の負担を考慮すれば、香典は連名ではなくできれば個別に渡したほうがいいです。連名だと香典帳のチェック時や香典返しの手配時に、遺族が無駄に頭を悩ませることにもなりかねません。それに、連名の代表者のみが参列した場合は、残りの人と故人との関係性を把握するのが難しくなるためです。やむを得ず連名で渡す場合でも、最大3名までとし、全員の名前と住所を別紙にて入れておくと親切です。